20代で「身長を伸ばす方法」を探している人はラッキーです。

私は30代で身長を2cm伸ばすことができましたが、20代の頃は「身長を伸ばす」という発想がありませんでした。もしも20代の頃から身長を伸ばし始めていたら、もう少し伸びていたかもしれない。そう思うと、20代で身長を伸ばそうとしている人が本当に羨ましいです。

20代や30代、40代でも身長が伸びる人はいますが、40代よりも30代、30代よりも20代のほうが身長は伸ばしやすいでしょう。

成長期を過ぎても身長が伸びる人

成長期を過ぎると骨端線(こつたんせん)が閉じてしまうため、成長期のように勝手に身長が伸びるということはありません。20代で身長を伸ばしたいなら身長を伸ばす為の「最大限の努力」をして伸ばすしかないんですよね。

その結果、身長を伸ばすことができれば本当にラッキーですし、伸びなかったとしても、30代になって「20代の頃に身長を伸ばす努力をしておけばよかった…」という後悔は残らないのでやはりラッキーです。

「思い立ったが吉日」という言葉があるように、あなたが身長を伸ばす努力を始めるのは今日、今すぐが最善です。過去を振り返ると、今日のあなたは最も歳をとった最年長ですが、未来を見据えると、今日のあなたは最も若く、身長を伸ばせる可能性が高いからです。

半年間は身長を伸ばす努力を続ける

身長が伸びるといわれる運動やストレッチ、身長を伸ばす食べ物を意識した食生活は、
最低でも半年間は必要です。

骨というのは大人でも破骨細胞(はこつさいぼう)によって骨が溶かされ、骨芽細胞(こつがさいぼう)によって新しい骨が日々作られています。毎日、古い骨から新しい骨へと生まれ変わって、1つの骨が全く新しい骨に変わるには3ヶ月~半年、全身の骨が全く新しい骨に変わるには約3年といわれています。

どのような方法であっても、とりあえず半年間は続けないと効果の有無は分からないといえるでしょう。

私の場合、「身長を伸ばす努力をしてみよう!」と思ったのが35歳1ヶ月。様々な方法を試したので、私自身どの方法に効果があったというのは分かりませんが、整体に通ったり、運動やストレッチ、子供のサプリメントを飲み始めてから半年後の35歳7ヶ月の時に身長が1cm伸びていました。それから9ヵ月後の36歳4ヶ月の時にさらに1cm伸びました。

そのように考えると、「半年間」というのは1つの目安になりますよね。

半年というのは長いようで非常に短いです。半年前の出来事を思い出してみると「えっ!?あれからもう半年も経ったんだ!」というぐらい短いです。人生80年として考えた場合、20代のうちの半年間、身長を伸ばすことに費やす価値は十分あるでしょう。

【PR】背骨・O脚・骨盤の歪みが大きいほどチャンスです!歪みを改善して身長を伸ばす方法