1年ほど前、「かかとを叩くと身長が伸びる」という情報をネットで発見してから毎日かかとを叩いています。

その結果、30代で身長が2cm伸びました!
168cm→169cm … 35歳7ヶ月
169cm→170cm … 36歳4ヶ月

ただし、かかと叩きだけの効果なのか、自分自身でも分かっていません。

かかと叩きの他にも、身長が伸びるといわれる運動やストレッチをやったり、整体に通ったり、子供の身長を伸ばすサプリメントを飲み続けているので、かかと叩きだけの効果なのか判断できないわけです。

ただ、数百円のゴム製ハンマーを買って、そのハンマーで毎日かかとを叩くだけの手軽さですから、金銭的にも体力的にも負担が少ないので今でも毎日続けています。

GREATTOOL ゴムハンマー・黒 16オンス

新品価格
¥350から
(2018/11/3 23:26時点)

かかとを叩くと身長が伸びる「かかと叩き」とは?

かかと叩きに医学的根拠がないため、かかとを叩くと身長が伸びる理由を説明することはできませんが、おそらく「Wolffの法則」や「骨ホルモン(オステオカルシン)」などが関係していると考えられます。

骨組織は、刺激が乏しいなかでは萎縮を起こし、通常刺激では骨は維持される程度である。しかし、少し強い刺激を与えることにより、細胞は生理学的に活性化して増殖が行われる。また、さらに刺激が強すぎると細胞は破壊され、吸収を生じる。すなわち、生理学的限界以上の応力→骨吸収、生理学的範囲内で通常のより高いストレス→骨形成、通常の応力→骨量維持・無変化、応力が加わらない→骨吸収・廃用性萎縮の関係となる。これをWolffの法則と呼ぶ。
出典:http://www.quint-j.co.jp/web/keyword/keyword.php?no=39129

また、「かかと叩き」自体に科学的根拠はありませんが、同じようにかかとに衝撃を与える「かかと落とし体操」に関しては、骨ホルモン(オステオカルシン)の分泌量が増加することが証明され、骨粗鬆症の予防に効果があるといわれています。

ですから、私は、
「かかと叩きで身長が伸びたら良いなぁ、伸びなくても骨粗鬆症の予防になるから良いなぁ」
という感じで毎日かかとを叩いています。

かかと叩きのやり方

用意するものはゴム製ハンマーです。100均でも売っているそうですが、私はホームセンターで300円ぐらいのを購入しました。必要な道具にはお金をかける性格なので。

GREATTOOL ゴムハンマー・黒 16オンス

新品価格
¥350から
(2018/11/3 23:26時点)

叩く場所

叩くところは足裏のかかと。歩くとき地面に接地する部分です。

叩く強さ

叩く強さは「痛くない」程度です。もしも「痛い」と感じたら力の入れすぎです。また、どうしても利き腕のほうが力が入りやすいため、できるだけ左右均等の力で叩くようにしています。

叩く時間や回数

よく言われているのは「片方5分ずつ」や「片方10分ずつ」ですが、時間を目安にすると左右の足で叩く回数に誤差が出るはずなので、私の場合は回数で決めています。

私は、朝起きたときに「30回ずつ」両足を叩き、夜寝る前に「30回ずつ」両足を叩きます。また、なんとなく気が向いた時にも「30回ずつ」叩いています。

叩く頻度

できるだけ毎日叩いたほうが良いと思っています。私は旅行や出張、キャンプなどで外泊する際にもゴム製ハンマーを持って行きます。

かかと叩きの危険性

私は1年以上かかとを叩いていますが、かかとの骨が肥大したり、歩行困難になったり、慢性的な痛みが続くことはありません。ですから、かかと叩きに危険性はないと思って今でも毎日かかとを叩き続けています。

ただし、やり方を間違うと危険です。

ゴム製ハンマーを使って、足裏のかかとを痛くない程度の力加減でトントンと叩くなら危険性はないはずです。しかし、鉄製ハンマーで力加減を考えず、自分のかかとを親の敵のように力いっぱい叩けば誰だって危険でしょう。

あなたの叩き方が私には分からないので、断りを入れると、かかと叩きをやるなら自己責任でお願いします。「当サイトの情報によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。」です。

私は1年以上かかとを叩き続けていて危険性を感じたことは一度もありません。これからも、「かかと叩きで身長が伸びたら良いなぁ、伸びなくても骨粗鬆症の予防になるから良いなぁ」という感じで続けていきます。

【PR】背骨・O脚・骨盤の歪みが大きいほどチャンスです!歪みを改善して身長を伸ばす方法