大人用の身長サプリはないので、私は「せのびと~る」という子供の身長を伸ばすサプリメントを毎日飲み続けています。

子供の身長を伸ばすサプリメントは、成長期を過ぎて骨端線(こつたんせん)が閉じてしまった大人には効果がないというのが常識です。

しかし、本当にそうでしょうか?

一般的には、成長期を過ぎて骨端線が閉じると身長は伸びないと言われています。その医学的メカニズムも分かります。しかし、成長期を過ぎても身長が伸びる人がいる以上、医学的根拠だけでは説明がつかない事実もあるのです。

私も36歳4ヶ月の時に身長が2cm伸びましたが、成長期を過ぎた20代や30代、または40代の方でも身長が伸びる人って結構いるんですよね。

なぜ成長期を過ぎた大人の身長が伸びるのか?
残念ながら、そのメカニズムは科学的に解明されていないので私にも分かりません。

しかし、子供でも大人でも身長を伸ばす為には、
とりあえず、骨をつくる栄養は必要
ということだけは分かります。

骨というのは成長期だけでなく、大人でも破骨細胞(はこつさいぼう)によって骨が溶かされ、骨芽細胞(こつがさいぼう)によって新しい骨が日々作られています。血液や皮膚と同じように新陳代謝が行われ、大人でも約3年で全身の骨が新しく生まれ変わるといわれています。

大人でも新しい骨が日々作られているわけですから、その材料となるカルシウムをはじめ、リン・マグネシウムといったミネラル、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、カルシウムの付着を助けるビタミンK、骨の土台を作るコラーゲンなどは、子供だけでなく、大人にとっても必要な栄養素なんですよね。

例えば、一流の大工さんでも木材がなければ家を建てることはできませんし、一流のシェフでも食材がなければ料理をつくることはできません。骨も同じです。せっかく新しい骨が日々作られているのに、骨の材料となる栄養が不足している状態では何をやっても骨は伸びないと考えるのが自然ではないでしょうか。

私は30代から身長を伸ばす方法を色々と試したので、サプリメントだけで身長が伸びると断言することはできませんが、
サプリメントは30代で身長を伸ばすことができた一因
だと確信しています。

「あの時、あの栄養さえ摂れていたら身長が伸びていたかもしれない」と後悔はしたくないですし、20代や30代でも身長が伸びる人は実際にいるわけですから、機会損失を防ぐという意味でも「せのびと~る」を飲んで、骨に必要な栄養だけは毎日欠かさないようにしています。

「せのびと~る」の詳細・ご購入はこちら

【PR】背骨・O脚・骨盤の歪みが大きいほどチャンスです!歪みを改善して身長を伸ばす方法